コラーゲンの摂り方にはコツがあった

弾力ある肌を保つコラーゲンのとりかたのコツ

コラーゲンは肌にいい。
もはや誰でも知っていることだと思います。
ですが、コラーゲンは肌だけでなく、実は体のタンパク質の3分1を占めるほどで、骨や血管などでも柱や梁のように分かれていて、
真皮では、コラーゲンの隙間をヒアルロン酸などが埋める構造になっているそうですが、
腱や筋肉のコラーゲンはひとかたまりになって強固な支持組織として働いているそうです。
特に肌との関係で注目なのは、
皮膚の乾燥重量の約7割はコラーゲンで形成されているそうで、
コラーゲンの立体構造を埋めている保水力の高いヒアルロン酸ですが、
コラーゲンが減ると真皮に容積が小さくなってヒアルロン酸が減り、
真皮の水分量も減少し、肌のハリを失わせます。

 

コラーゲンは体内の様々な部分で必要ですから、
皮膚よりも先に、骨、血管、筋肉、内蔵など、生命維持で必要な臓器から使われ皮膚は一番最後になります。

 

コラーゲンをうまく摂るコツは、
とにかくたくさん摂る。一日の必要量の1000〜1500mgの摂取が必要だそうです。
ビタミンCを取る。コラーゲンは体内でアミノ酸として吸収されます。
このアミノ酸を材料に再び組立られますが、その働きを助けるのがビタミンC。
毎日摂る。一度にたくさんとっても非効率なコラーゲン。毎日摂ることが必要です。
よく寝る。皮膚の新陳代謝は22時から2時。睡眠不足は美肌の大敵。

代謝力の減退

肌のターンオーバーが遅くなりシミが出現

 

成長ホルモンなどの減少から、

 

30代以降は新陳代謝が低下します。

 

肌のターンオーバーも遅くなり、シミやくすみが出現。

 

20代は4週間だった肌周期が、30代では5週間になります。

 

また、筋肉も落ちやすくなるので、肌のハリが失われます。

紫外線対策

紫外線はお肌にとっていいことはありません。

 

特にUV-Bは肌の老化を進行します

 

UV-Bはシミや皮膚がんもと

 

UV-Bはエネルギーが強く赤い炎症をおこします。

 

赤みが引いたあと、基底層にあるメラノサイトが

 

活性化して黒い色素メラニンをつくり、

 

表皮細胞に配ってUV-Bから細胞の核を守ります。

 

メラニンの過剰生産ターンオーバーの遅れから、

 

メラニンをまとった細胞が排出されずシミになります

 

そうなる前に、アイムピンチでシミ対策!

 

お試しは1000円!

 

夏の紫外線対策ケアにもお得です!